気がついた時には目立つようになってきた薄毛や抜け毛。そのまま放置しておくと、さらに悪化してしまいます。そこで大切なのが薄毛や抜け毛の原因を取り除き、早めに治療することです。ここでは薄毛治療について紹介していきます。自分の出来ることから始め、早めに対策を取りましょう。

自分でできる薄毛治療

薄毛や抜け毛の原因にはストレス・血行・食事の内容・ホルモンなど、様々なものが挙げられます。薄毛や抜け毛の改善のためには、日頃からこれらの原因を取り除いていくことが重要です。ここでは、日頃から自分でできる薄毛治療の方法について紹介していきます。自分の生活を見直し、薄毛治療を始めましょう。

生活習慣の見直しが薄毛治療につながる理由

男性ホルモンを元に作られる、ジヒドロテストステロンという物質が薄毛の原因であることは広く知られています。でも、男性ホルモン以外にも薄毛を予防するために気を付けなければいけない要素はたくさんあるので…

血行を促進する方法

男性型脱毛症(AGA)などをはじめ、薄毛に悩む人は年々増える傾向にあるとみられます。例えばAGAの原因は、一般的に男性ホルモンの過剰によるものといわれますが、実際に薄毛となる要因には、栄養状態、日…

髪の毛が薄くなったらagaの治療です

薄毛の悩みをかかえてしまったら、すぐにでもagaの治療を行います。早ければ早いほど期待できる結果となります。

ホルモンバランスや免疫を整える方法

体の中からの薄毛対策

年齢を重ねるごとに髪の薄毛が気になっている方も多いのではないでしょうか。 まずは育毛剤を試してみる、それでも効果が出なかったから薄毛治療院に通わなければ、と考えている方もいらっしゃるのでは? その前に自分でできる薄毛治療として、体のホルモンバランスや免疫を整える方法をおすすめします。 体の中からも髪に良い栄養を摂る、質の良い睡眠を心がけるなど、簡単にできる薄毛対策習慣で、体の中の体質改善を促していきます。これらは、多くの女性を悩ませる薄毛のほか、白髪対策、またお肌のトラブル対策にも効果的です。 これから詳しい方法を紹介していきます。誰でもすぐにできるものばかりなので、早速今日から実践してみてください。

正しい生活習慣を心がけましょう

まず大切なのが「ストレスを溜めずに質の良い睡眠をとる」ことです。ストレスで免疫力が下がると、体は生命維持のために内臓などに優先的に栄養分や酸素を運びます。すると髪に運ばれるはずだった分がおろそかになり、抜け毛や薄毛が起こりやすくなってしまいます。質の良い睡眠で「成長ホルモン」の分泌を活発にすることも大切です。 次に「たんぱく質とミネラルを摂る」ことも心がけたい習慣です。髪の原料はたんぱく質です。不足しないように取り入れましょう。おすすめは、脂質の少ない鶏肉、低カロリーな大豆、栄養豊富な卵を入れたサラダなどです。髪に重要とされる、亜鉛や鉄分なども意識して摂りましょう。他にも免疫を整えるために、ビタミンCやEも積極的に摂りたい栄養素です。 毎日の生活習慣を見直すことで、ホルモンバランスや免疫を整え、体質改善を促せば、薄毛対策にもつながっていくはずです。

薬を使った薄毛治療

飲み薬と外用薬の違い

男性用育毛剤を選ぶ際のポイント

女性用育毛剤を選ぶ際のポイント