血行を促進する方法

薄毛改善には、血行促進

男性型脱毛症(AGA)などをはじめ、薄毛に悩む人は年々増える傾向にあるとみられます。例えばAGAの原因は、一般的に男性ホルモンの過剰によるものといわれますが、実際に薄毛となる要因には、栄養状態、日常の生活習慣からストレスまで様々な要素が絡んでいると考えられています。
現在は、育毛剤や薄毛治療の研究も進んできましたが、まずは自分で出来る改善法を試みてみてはいかがでしょうか。
薄毛は、髪の毛の発毛を司る毛根の毛母細胞の働きが何らかの原因で阻害されて起こるといわれています。この要因が、ホルモンの過剰分泌であったり、栄養不足であったりするのですが、頭皮などの血行が悪いことも一因です。血行が悪いと栄養をスムーズに運ぶことも出来ませんし、発毛を促す新陳代謝も滞ってしまいます。このため、薄毛の改善には、血行促進が大事なポイントといえます。

マッサージと栄養補給、生活習慣の見直しがオススメ

薄毛改善の血行促進の方法としては、まず、頭皮環境の改善から始めましょう。脱毛症の大きな原因といわれるものに、脂や汚れが毛穴に詰まってしまう状態があげられます。脂症が乾燥気味か、それぞれに合ったシャンプー剤を使い、頭皮を清潔に保ちます。育毛剤が有効になるのはそれからで、この際、頭皮をマッサージすることをオススメします。頭皮マッサージは、発毛につながる新陳代謝を高め、血行を促してくれます。そして、頭だけでなく、周辺筋肉の首や肩のコリをほぐすことも大切です。また、頭頂の百会などツボ押しをするのも、血行促進効果があります。
更に、髪の成分はケラチンというアミノ酸ですから、栄養では特にタンパク質を必要とします。他にも亜鉛など、ビタミンやミネラルを摂ることも大事です。血行促進のためには身体を冷やさず、心身の緊張状態を招くストレスを解消したり、睡眠を十分にとることも心がけましょう。